勃起障害の原因

勃起の仕組みと勃起障害の原因を考える

勃起の仕組みと勃起障害の原因は男性自身でもちゃんと理解している人は少ないと思います。
まず、勃起の仕組みについて考えてみます。
勃起の状態にもいろいろあります。
「性行為が始まる前からビンビンな状態」
「性行為が始まってやっと少しずつ勃起してくる状態」
「ちょっと勃起状態ではあるが硬さが足りない状態」
などいろいろなケースがありますが正常な勃起状態とはどのような状態を示すのでしょうか?

 

正常な勃起が起こる仕組みはまず見たり触れたりした性的興奮が脳に伝わります。
そして脳から勃起を起こさせる信号が神経を通じ陰茎に伝わっていきます。
陰茎海綿体に動脈がありその信号が神経に伝わることによって動脈に血が流れこみます。
この陰茎海綿体はスポンジのように水分を多く含めるような形状なので流れ込んだ血を吸い込み大きくなり勃起した状態となります。
これが正常な勃起状態となっています。

 

という事は見たり触れたりした事による性的興奮だけでも勃起が起こるのが正常な勃起と言えるのではないでしょうか?

 

性交を行う時、十分な勃起が出来なかったり、維持できない状態を勃起不全と呼ばれています。そして今まで普通に性交が行えていたのにある日、性交渉に満足できない状態になってしまった方は起不全が疑った方がよいかもしれません。

 

正常な勃起を把握することにより勃起不全などの異常も発見が早まります。

 

ではそんな勃起不全の原因は何でしょうか?

 

老化?老化で勃起不全はごく一般的な原因だと思います。

 

老化といってもいろいろなケースがありますが勃起不全では、陰茎海綿体の動脈の拡がりが十分ではないなどが原因で血流の流れが上手くいっていないことが多いです。

 

勃起の信号は伝わっているが陰茎海綿体に血流が動脈に十分に流れないので勃起しない、これが勃起不全になる原因の一般的なものです。

 

血流の流れを正常化できれば勃起不全は改善させることは可能です。

 

 

この他にも、勃起にかかわる神経系にダメージです。
神経系のダメージで勃起不全になると回復がかなり難しくなります。

 

勃起にかかわる神経がダメージを受けていることで、勃起の信号が伝わりにくくなり、結果、勃起するのに時間が掛か狩ることになり十分な勃起状態を得る事が難しくなります。
この神経系が原因の勃起不全は加齢により神経機能が衰えたことが原因と言われています。

 

その他ストレスや食事などの生活習慣の乱れも原因になりさらには病気やタバコなどが原因の可能性があります。

 

しかし正しく状態を把握する事により勃起不全は治療や改善方法で解決する事もあります。

 

そのひとつに精力剤の力を借りるという手もありますよね